toospicychicken’

大学生6年目。来年からやっと雇われます。

はてな界隈には増田という文才に富んだ人がいるらしい

こんにちは。肌寒い日が続きますね。

 

 

はてなブログに手を出して大体1ヶ月半経ちました。ネタ切れに屈しつつもなんとか踠きながらブログを執筆しとります。できるだけ書きたいことを書くように、尚且つ少しでも読者に役に立つような記事か面白い記事を意識してます。

 

 

そこで気付いたことがあるんですが、ブログを書く時って書きたいことをリストアップすることも必要だけど、これは絶対しないというルールの方が、効果抜群なんですよね。方向性が定まりやすいっていうか。より洗練されていく感覚。

 

 

例えば私なんかは、炎上ブロガーの様な「読者に何も生み出さず、ただネットという広大な宇宙に宇宙ゴミを散乱させる」ような記事は書かない様に意識してます。はたしてこのブログが宇宙ゴミレベルの無駄記事なのではないかという指摘があるかと思いますが、大多数の人間から見て不快ではない、と自負してます。無駄ではあるけど不快感は与えないだろ多分、的なね。

 

 

 

タイトルの通り本題に入りたいと思いますが、ブログを書く時って他人の記事を参考にしたりネタを探したりするわけですよ。で、はてなのサービスを使ってるわけだから勿論はてなブックマークも利用するんです。沢山ブクマ付いてる記事とか新着とか見て参考にするんです。どんな記事がバズってるか、とかどんな書き方がいいだとか。

 

 

まあ、アフィでごちゃごちゃした記事やしょうもない馴れ合いの記事やラーメン二郎のレポばっかりまとめてる記事(私得)が蔓延っている中、増田さんって人が沢山記事を書いているわけですよ。そして何回もバズってると。

 

特にこれが尖ってる文章かつ内容なんですよね。言いたい事をズバズバと高度な文章力で伝えているっていうか。しかも文字だけで絵や画像なし。これってカッコよくないですか?引用すらないんですよ。所謂ペンは剣よりも強し、みたいなね。さすが増田さん、憧れます。そういった単純に文章力とユーモアセンスだけでのし上がっていく感じ。

 

 

 

で、昔々ネットが流行った時にもこう言うサイトがあったわけで、それを「テキストサイト」と言ったらしいです。画像やリンクを貼ると重すぎて低スペPCじゃ動かないからテキストのみでページを運営するとかなんとか。現在ブイブイ言わせてる某ヨッピーさんなんかもテキストサイトを運営していた経験があるそうで。 以前この記事で語っておられました。

 

【侍魂】インターネット古参が泣いて喜ぶ「テキストサイト同窓会」やってみた【兄貴の館】 | オモコロ

 

 

まあ某ヨッピーさんは置いといて、増田さんは時代に逆行する様に文字だけで勝負してるんですよ。その辺にいるブロガーが画像と吹き出しなんかつけたり、一筆書きで描ける様な適当な絵を貼って見た目を気にしたりする状況を側にね。

 

私も彼のように純粋な文章力だけで勝負できる実力をつけたい。

 

 

自分で書いた絵や撮影した写真、データ資料、引用や広告なんかで華やかなブログもいいと思います。実際に情報が一目見て分かりやすかったりオリジナリティがあって読むのが楽しかったりしますから。

 

しかし、(内容が伴っている場合は除いて)そういった見た目だけというか、小手先のテクニックだけでブログを書いても中身スッカスカで伝えたいことも分からないような記事だと意味ないですよね。だから自分はそんな上っ面だけの記事にならないようにまず、(面白いブログとしての)文章力をつけたい。形は後から付いてくるっていう。

 

 

ただ、私は文学なんか学習したことないし小説も読まないし語彙力ないし彼女いないしブログも始めて1ヶ月半だしで、その道は険しくなることでしょう。しかし日々精進していきたい。我ながら来年どうなっているか楽しみです。まずブログが続いているといいですね(他人事のように言う)。

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

え?増田ってアノニマスダの略で人名じゃないって?

 

まあとにかく、また今度。