toospicychicken’

大学生6年目。来年からやっと雇われます。

争いごとが嫌いなゆとり世代である私の「争いの避け方」

こんにちは。ことしの目標は「ゼミの教授に懇願してなんとな卒論を免除してもらうこと」です。クズです。

 

 

私は所謂ゆとり世代

私は1993/94年生まれ、つまり巷でよく言われているゆとり世代です。また、ゆとり世代争い事を好まない平和主義者(というよくわからないレッテルが貼られている)と耳にしました。私はそもそも世代で分断しステレオタイプに考えることに対してナンセンスだと捉えていますが、私の性格はまさに「争い事が嫌い」と言えることは確かです。

 

 

今回は如何にして私が争いから逃れているか、いくつか例を挙げながらそのハウツーを一挙公開したいと思います。もしかしたらゆとり世代の思考回路が見られるかもしれませんね。(適当)

 

 

道ですれ違う場合は必ず譲る

人間生きていると必ず道路を歩くかと思います。そして狭い歩道を進んでいると向こうから人がやってくることがある。そして偶に、このままではぶつかってしまう状況が生まれるでしょう。

 

こんなとき、みなさんならどう対応しますか。意地を張って「いや俺の方が先にこっち側の道あるいてたし!絶対動かねえ!一ミリも譲らねえからな!」と考える人もいるかと思いますが、私は譲ります。避けます。サッとね。

 

だって自分がたった1秒と0.1キロカロリーかけて移動すれば済む話じゃないですか。どうします?肩がぶつかって、相手がもしヤーさんだった場合。チャカ持ってた場合。死にますよ、そこで。人生終わりますよ。あなたの人生、たった0.1キロカロリー節約したことでぱぁですよ。じゃあ0.1キロカロリー消費したらいいじゃないですか。

 

ダイエット効果だってあります。1日に1万回譲ったら1000キロカロリー消費できますから。ビックマック4つ分です。キャラメルフラペチーノ2杯分ですよ。これからは無駄なプライドは捨てて、どんどん譲っていきましょう。

 

結論:道を譲るとダイエット効果あり

 

 

電車では優先座席に近寄らない

このツイート、まあ最後の2文は調子に乗ってますが優先座席に近寄らないようにしていることは事実です。譲る行為が面倒、じゃあはなから優先座席とは関わらないようにするということです。だって、「ワシはまだ老人じゃない!」とか怒鳴られたらたまったもんじゃないですよね。こっちはアンタの身体を心配して譲ろうとしているのに怒られるんですよ(笑)そんな争いに巻き込まれたくないので私は端から土俵に上がりません。

 

でもなぜだか北米では席を譲る行為はできます。優先座席ではない普通の席に座っていても譲ります。それは譲る雰囲気が既に根強く形成されているから、やりやすいのだと思います。譲る側も譲られる側も慣れているのですね。これはレディーファーストについても同じように言えるかも。

 

ただ日本では、「私はまだ老人じゃない!」だとか「お前は若いんだからワシに譲れ」だとか、もうメチャクチャな事が起こっているわけで。やはり席を譲る文化がまだ根付いていないということが問題でしょうね。

 

 

主張:もう全部優先座席にしちゃえよ

 

苛立ちを感じると無表情になる

これは汎用性が高い。ちょっとイラっとすることがあると無表情にするんです。するとなぜか冷静になれます。で、イライラしていったい何のメリットがあるのだ。ストレスがたまるだけだ。といった様に悟ることができます。

 

例えば、知り合い・友人のちょっとした言葉や主張がイラっとする時ってありますよね。指摘したいけど関係は壊したくない時ってありますよね。そういう時は一瞬無表情になって頭を空っぽにしましょう。そして、相手を批判することにどのようなメリットがあるか考えてみましょう。

 

いかがですか?自分のイライラを解消してスッキリする以外にメリットがないかと思います。そのイライラはどこに行くかって言うと相手に移ります。じゃあ相手に移ってしまうくらいなら別のことに対してストレスをぶつけたほうが良いのではないか、というのが私の考えです。運動するなり趣味に没頭するなり2ちゃんで他人を煽るなりして解消しましょう。

 

結論:仏の顔でいること

 

 

達の悪いチンピラは視界に入れない

私の地元は結構ヤンキーが多く、その年齢層も幅広いです。百戦錬磨の経験をしてきたような死んだ目をした奴がいるなと思ったら高校生だったり。先日おでんをツンツンしたことで有名になったおでんツンツン丸の様ないい歳こいたオラオラ系の奴もいます。

netgeek.biz

 

特に彼らは駅前のコンビニに屯ろしがちです。アレなんなんですかね、おでんの香りがそんなに好きなのかな?おでん屋開けばいいのに。

 

 

まあご存知の通り、彼らは見ず知らずの人間にもアグレッシブに絡んできます。ほんと良い迷惑です。寂しいんですかね?そんなに人肌が恋しいんですか?仲間が欲しいんですか?そんなに仲間仲間いうならONEPEACE適当に3冊位くれてやるから仲間ゲージ満タンにしてすぐに立ち去って頂きたい。

 

まあ彼らは絡んでくると言いましたが、基本は調子に乗っている(と彼らが判断した)人ひ弱そうなカモに対して絡む傾向があると考えています。経験談から。

 

 

そこで私の対処法は「堂々とした態度かつ一切彼らを視界に入れず、いないものと扱う」です。

 

彼らは構ってちゃんで且つ自分が強いと思われたい種族です。その自己顕示欲を刺激してしまうと絡まれます。決して触れないようにしましょう。

 

え?それは人を見下した行為だって?いやいや、私は人を見下すことは大嫌いですからね。それは誤解ですよ。まず視界に入れないという事から文字通り相手を見てませんから。見ていないのに見下せないじゃないですか先輩(笑)。

 

結論:

 

①物珍しいからってジロジロ見ないこと

②執拗にビビらないこと

 

 

意地を張って張り合おうとする人はリスクヘッジ力に欠ける

 見出しの通りですが、ちっぽけなプライドによって相手に譲ることに対し躊躇してしまうことはあるかと思います。自分もそういう時はありましたし、今も稀に真っ向から争ってやろうという時もあります。でもそれって疲れるし何も生み出さないと思うんですよね。相手がもし厄介な場合で問題がこじれちゃう可能性もありますし。目先のストレス発散よりも、もっとリスクに目を当てるべきです。

 

私も書店でアルバイトをしていた頃、店内でラジコンを使用しやがったガキ(チンピラ高校生、ゴツい)がいたので注意したら、なんと近づいてきて近距離でメンチ切られましたからね。しかも店外で私が終業するのを待ち伏せしてるわけですから、仲間を連れてね。まあ裏口から出てささっと逃げましたが。やっぱり失うものがないやつって恐ろしいわ。

 

 

まとめ

 え?この記事がなんかストレスを発散しているように見えるし、争う気まんまんだって?

 

そんなわけないじゃないですか、私は紳士ですからね。なんてったってゆとり世代ですから。ゆとり紳士イケメンですから。三拍子揃ってますがな。争いなんてもってのほかですよ。平和大好きです。PEACE is LOVE.です。

 

それではまた来週。