toospicychicken’

人生のレールから脱線しちゃったんだけどこれからどうしよう系大学生のブログ。※現在休学中

WELQ炎上の村田マリって誰かと思ったら以前読んだ本に出てた

こんにちは。

 

今回のWELQ炎上ですが、最大の原因を生み出したのは村田マリ氏だと言われています。

gigazine.net

 

この名前、そしてDeNA、どこかで聞いたことあるなと思ったんですが、以前私が読んだ本に出てました。 

未来をつくる起業家 ~日本発スタートアップの失敗と成功 20ストーリー~ (NextPublishing)

未来をつくる起業家 ~日本発スタートアップの失敗と成功 20ストーリー~ (NextPublishing)

 

 これは、タイトルの通り20のスタートアップ起業家を取り上げて、まとめたものです。単純に成功者がどのような行動をしてきたか、面白いのでおすすめです。

 

 村田マリさんの章

この記事では、ブログ初心者で今までマジメに論文も書いたことがない私が、村田マリさんの章を読んで思ったことを書きたいと思います。

 

夏休みの読書感想文として読んできただけたら幸いです。

 

 

サイバーエージェントに場違いとほのめかされて会社をやめる

新卒でサイバーに入社したらしいです。いいですね、メガベンチャー。就活生のあこがれですね。

 

ただ、彼女は訳があって独立します。理由は以下。

 

1.顧客目線のサービスを重視するという思いが、会社方針と乖離していると感じた。

2.サイバーから場違いと言われる。

 

ユーザー目線のサービスを重視したら今回のような事件はおきなかったのでは・・・?

もしかしたら彼女の中でサイバー~WELQの間に考えが変わってしまったのかもしれませんね。

それともユーザー目線が理解できた気がしていただけなのかも。

 

サイバーから場違いと言われたらしいです。簡単にまとめると彼女は、「ブレーキがかからず、一人で突っ走る人」という風に抽象的に書かれていました。

 

まあこのころのサイバーはすでにスタートアップという枠は超えていたので、そう捉えられたのかもしれません。

 

会社倒産の危機に受託制作からソシャゲーへ路線変更

私は、いまいちソシャゲーの存在意義が分からないですが、やはりベンチャーにとってソシャゲー運営はけっこう稼ぎやすいのだろうと感じました。

 

実際、その会社をgumiに売却して次の事業につながったらしいです。

 

経営者は人格が優れいているべきだという日本の美学に疑問

この意見に関しては半分賛成半分反対という立場です。

ただ、思うのは人格はクソでも倫理は守ってほしいなと。

 

そういった非倫理的な姿勢、人格が悪くても関係ないという開き直りが今回の炎上に少なからず関わっているのではないでしょうか。

 

ゼロからイチを生み出す仕事を続けたい

最後のコメントにこうありました。

 

いや、イチからイチしか生んでないやん・・・。

 

 

とはいえ、この姿勢は起業をする人だけでなくすべての人に必要だと思います。

私も将来、ゼロからイチを生み出せる仕事がしたいものです。

 

 

思ったこと

ソシャゲー作ってる企業ってやっぱ会社の利益>顧客なのかな。

ゲームクリエイターや企画者はどのようなビジョンで制作しているのかが知りたい。

 

あと彼女はシンガポールで生活し、月に数回の会議で日本に行く以外は、専らオンラインで仕事をしているそうです。

 

そういうのは素直に憧れるなあ。自分に技術があれば(彼女は本当にあったかは置いといて)実現可能なのでしょうか。

 

まとめ

この書籍と今回の事件、それに関する記事などを拝見したことで、WEB業界の闇が少しは感じ取れたかと。自分のこの業界には少し興味があるので、今後も追っていきます。

 

 

未来をつくる起業家 ~日本発スタートアップの失敗と成功 20ストーリー~ (NextPublishing)

未来をつくる起業家 ~日本発スタートアップの失敗と成功 20ストーリー~ (NextPublishing)