読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

toospicychicken’

人生のレールから脱線しちゃったんだけどこれからどうしよう系大学生のブログ。※現在休学中

三日間で内定が出るというボストンキャリアフォーラムにワーホリマンが参加してみた

就職活動 留学・英語

先月、11月18~20日に開催されたボストンキャリアフォーラムに参加してきました。今回は、微妙スペック(中堅私大ワーホリ)な私が実際に参加してみた感想を書きたいと思います。微妙スペックといえども上を見るとはるかに低学歴です(死)。なので今回の記事はあくまでも低学歴もしくは中学歴の学生を対象としています。

 

 

ボストンキャリアフォーラムとは

そもそもボストンキャリアフォーラム(通称ボスキャリ)とは、日英バイリンガルの学生向けの就活イベント。約200社の企業が3日間のうちに説明会から面接、内定までを出すという超短期決戦の就活なのです。

 

参加者のほとんどが海外の大学に通う正規留学生と、短期の交換留学生です。


出展している企業も外資系コンサル、外資投資銀行、日系大手メーカーなどなど、学生のレベルも高ければ企業のレベルも相当高いという就活イベントでした。マッ●ンゼーとかゴールドマン・●ックスとか聞いただけで蕁麻疹が出てきそうですね。

 

 

我のスペック

ハイレベルな学生がハイレベルの企業と激戦を繰り広げている中、中途半端な学歴で且つ留学生ですらない私は、そんなハイスぺの荒波に揉まれて泣きながらイベントに参加していました。場違いで本当にすみません。トロントからボストン、近いしせっかくだから経験しとこうかという感じだった浅はかな動機。

 

面接の練習という名目で参加です。(震えた声で囁きながら)

 

 

そもそも英文レジュメを用意しなかった

外資系企業も相当な数参加していたのですが、彼らは英文のレジュメを求めてきます。私は純日本人です。無理を言わないで下さい。日本語で自己PRだってままならないのに。

 

英文レジュメを書くのには2点の問題点があった

 

一つは以上のようにレジュメを書ける英語力が不足していること。これはまあ無理やり書こうと思えばいけるのですが(誰かに頼んだり、添削を繰り返したりする)、次の点が問題。

 

英文レジュメだと、実績とスキルを書かなくてはいけない(という使命感)。

 

この理由がデカかった。正直、日本での自己PR文なんて熱意が滲み出てたら通るような感じじゃないですか(適当)。英文だと経験と実績とスキルを明確に記載しなければならない。そんなものは俺にない。じゃあ端から英文レジュメを作らないでおこう。と、逃げる選択をしました。

 

 

日本語レジュメ(履歴書)だけでも意外と受け付けてくれる

ボスキャリには日系企業もたくさん来ていて、学生に求める英語力も「会話レベル」という企業だって多々あります。留学で経験したこと、学んだこと重視ということですね。ありがたい。

 

ちなみに日本語の履歴書については、ネットからテンプレ拾ってきて、いらない欄を消して自分で作ってました。もちろん手書きじゃないです。手書きとかコスパ悪いし、時間の無駄だわ。

 

ちなみに要らない部分というのはゼミでの研究と志望動機ですね。正直、10社未満に提出するならまだしも20社ほどに配らないといけない手前、志望動機なんていちいち考えてられないんでね。

 

 

顔写真は以前撮ったデータがあったのでテンプレに張り付けて一緒に印刷しました。同じようにしている人は多かったです。白黒の人もいたようです。

 

そもそも英文レジュメだと顔写真を張ることはないので、日本みたいに駅前に写真を撮る機械はありません。日本から送ってもらえるならベターかな?まあその辺は企業も気にしてないかと。

 

ただ、外資系を切ることで選択肢は大幅に減ります。そこは覚悟してください。無理やりにでも英文レジュメを作ってみることをお勧めします。実は僕も少し後悔してます。

 

まあ帰国してからも国内選考ルートとして応募できるので、チャンスはまだありますが。

 

 

事前応募は一か月前から絶対するべき

今回僕は3週間前くらいから活動し始めました。かなり遅いです。運よく当日の面接予約は数社取ることができましたが、大手企業は音沙汰なしでした。参加が決定している人は半年前から、遅くとも1か月前には事前応募を終わらせておくべきです。

 

ちなみにウォークインは有名企業の場合、ほぼ弾かれるでしょう。無意味です。資源(レジュメ)の無駄です。あなたのレジュメの中身がフレンチのフルコース並に煌びやかな作品となっていない限り、その場でポイです。そういう意味でも事前応募はするべきだと言えますね。もちろん、聞いたことのないような企業からは後日電話がかかってくることがあります。私もありました。

 

スカイプで事前に一次面接、二次面接を終えて、ボスキャリ当日は最終という人もいるとかいないとか。

 

 

ちょっとしたアドバイ

いくつかアドバイスを
・ホテルは絶対会場近くに取るべき。寝坊しないし、遅くまで寝てられる。
・非常食は携帯してもいいが、会場でもスナックとかクラムチャウダーが売ってる。
・帰国後の就活が本番なら、業界関係なく多種多様に受けるべき。面接は経験がものを言います。
・ホステル泊まって、友達作るのもありかも。

 

 

総括

まあ、ごく平凡な私でも運よく内定を頂くことができたし、面接もいくつか受けることができました。ワーホリとか語学留学という微妙な立ち位置でも大丈夫かと。実はCFNの公式サイトに記載されている対象学生から完全にはみ出てますが。(4年生大学の学生とか1年以上の交換留学経験者とか書いている)

 


気にせずチャレンジしてみてください。では。