toospicychicken’

大学生6年目。来年からやっと雇われます。

人種差別とブサイク差別

こんにちは、ヒゲよりも眉毛の伸びが顕著ですが何か。

 

 

人種差別

海外で生活してると感じやすいと思うのですが、やはり人種差別は存在します。私自身もカナダ、アメリカといった移民国家での長期滞在経験があるので、人種差別に触れる機会があります。

 

 

例えば、「無抵抗の黒人が白人警察に発砲されたー」とか「レストランで注文取るのを後回しにされたー」とか「目を切れ目にするジェスチャーをされたー」とかね。上げるとキリないですよほんと。

 

 

最近はポリティカルコレクトネスがどうとかで、白人が逆差別を受けるという問題もあるそうです。「白人なんだから社会から優遇されて当たり前だ!」と、努力で結果を出した白人に対して批判をしている輩がいます。もうワケがわかりませんね。何かと理由付けて攻撃したいだけだろお前らと。

 

 

どれだけ撤廃しようと活動しても、ある一定の人種にしか自分のアイデンティティを見出せない人達のせいで、これは無くならないです。選民至上主義というやつですか。世知辛い世の中ですな。

 

 

ブサイク差別

人種差別に関しては撤廃運動がされ、世間にも人種差別はするべきではないという風潮が根付いている、にも関わらずブサイクを差別することは誰も気にしてませんからね。クソだわ。

 

 

まぁ私はイケメンなので関係ないんですが、やはりブサイクと言うだけで虐げられている人もいるわけじゃないですか。特に異性間とかトラウマもんですからね。

 

 

「キモい」「クサそう」「シネ」「近寄るなよブス」「ガガガッ(机をズラしてスペースを作る時の音)」「(正論を言った後に)でもお前ブサイクやん」「うわっ、チャリンコのハンドル汚ぁっ!」「眉毛が毛虫みたいやな」

 

 

みたいなね。もう顔がちょっと崩れているだけで親の仇かと言うほどの叩きっぷり。ブサイクと言うだけでクサそうとか最悪ですから。そこ関係ないやろと。臭いの源泉はブサイクなのか、と問い詰めたい。まぁ私はそんな被害は受けなかったし、加害した経験もないんですけどね。なんせ紳士でイケメンデスカラ。

 

 

被差別人種とブサイクの共通点

イケメンの私は人種差別とブサイク差別って共通点があると思っていて、人種差別がいけないというのならブサイク差別もなくなるべきと考えています。共通点は以下の通り。

 

 

  1. 先天性であり本人の意思決定と相関性がない
  2. 実害がないのに見てくれで虐げられる
  3. 努力で変えられない

 

 

わあ、もうブサイク差別=人種差別じゃないですか。証明されちゃったわ。どうすんねんこれ。一大ニュースやでほんま!。

 

 

 

ということで、ブサイクという理由で虐げてきた人は差別主義者ということですよ。この感覚を持つことが重要だね。自覚した方がいいよ。

 

 

まとめ

 

え?そんなことはどうでもいいから私が本当にイケメンか証拠を見せろだって?

 

 

  

 

 

 

私がイケメンかどうか証明する事ってそんなに重要ですかね。思うんですけど、あなたの中の私がイケメンという事だけで充分じゃないですか?それ以外何もいらないでしょう。

 

ほら、あそこの木々を見てください。小鳥たちが囀って(さえずって)いるのが分かりますか?人生ってそういうものですよ。では、お身体に気を付けて年の瀬を迎えて下さい。失礼いたしました。

 

 

 

※人種差別は反対です。

水素水とマーケティング

美味しい水素水

ところで水素水というものが流行ったそうですね。なんかアンチエイジングの効果があるとかなんとかで。

 

www.skincare-univ.com

 

しかしその後、「市販の水素水」には効果がないという意見が多く上がり、結局水素水のブームは消え去りました。今は藤原紀香を叩くブームが来てるそうです。

 

www.excite.co.jp

 

 

で、このニュースは私にとっても大ダメージなわけですよ。だって「俺の身体から水素が湧き出てるんだぜ?マイナスイオンと一緒にな!!超アンチエイジング!」っつう私が考えた新たなナンパ法が使えなくなったんですから。(ナンパしたことない)

 

 

実際買って飲んでみたいんですが、まだ販売してるんですかね。

 

 

企業のマーケティング

ところで話が脱線しますが、私は留学中に不動産会社のインターン面接を受けました。面接では自己紹介とかなぜインターンをしたいのかというベタな質問を受けた後、最後にマーケティングとは何か?」というなんかザックリした質問をされたんです。

 

で、ザックリしてるわけですから、私は「顧客のニーズを捉えて彼らが本当に欲しいと思うものを提供すること」的なやや小綺麗なことを主張しました。

 

面接官のボスは、「違う」と言うわけですね。

 

 

クソ面接官「マーケティングとは、売れないものを売ることだ」

 

 

と言われました。彼らは「普通じゃ売れないものをマーケティングを使って売る」という姿勢で働いていたようです。

 

私は正直どの考え方が正解であるかは分かりません。しかしこのクソ面接官のような考え方、つまり売上を目的とする姿勢が今回の様な水素水事件を引き起こしたのかもしれないですね。

 

 

※ちなみになぜクソ面接官と表記しているかと言うと面接に落とされたからです。はい。

 

 

とりあえず売れればいい

今回のニュースから分かるのは、企業にとって科学的根拠なんてどうでもいいということなんですよ。売れればいいと。つまり、マーケティングの材料になればいいと言うことですね。

 

ただの水を水素水といったあたかも健康に効果がありそうな名前を付けてるわけですから。半分詐欺ですよあんなもん。消費者を騙してるのですから。

 

 

まとめ

 

 

ええもん売ろうや。

顔出しブロガー

ブロガーで顔出しされてる、もはや本名で活動されてる人がいるわけじゃないですか。

 そういう人ほど人気で読者も多く、ブログで稼げてますよね。羨ましい。

 

moonpower2020.net


ブログに自分自身を露出することで、読者との距離感が縮まりますからね。友達感覚になれるわけです。親近感が湧くのです。YouTuber的な。

 


なので、匿名ブログとは違うメリットがあるわけですよ。

 

私は、ネットという大海に個人情報を曝け出すことでプライベートがなくなるのが怖いですし、就職活動に影響が出る可能性があるので匿名でやるつもりです。 

 

 

う●こう●ことか言ってる品のないブログを人事の方に見られたら終わりですから。新卒でフリーランスの道に進むことになっちゃいますね。え?それはフリーターだって?うるさいで君。

 

 

 

がしかし

 

 

私もね、顔出ししたら読者が増えると思いますよ。(おとぼけビーバーのような顔で)

  

だって私超絶イケメンですからね。
もはやイケメンすぎて世界救えちゃいますから。

 

顔を食べさせて世界を救うアンパンマンみたいなもんですよ。イケメンを曝け出し世界を救っちゃうんです。画期的ですね。イケメンパンチなんつって。

 

 


私「でたなブサメンマン!この顔面を刮目せよ!!」
ブサメンマン「うわあああ!旦那!ブサ面ですみません!!死にます!」

-fin-

 


てな感じですよ。

  


で、イケメンブロガーだとやっぱりモテる。(確信)

 

女子たち「イケメンがあんなに面白いブログ書いてるなんて素敵!。抱いて。」

 

 
ってなりますからね。簡単だわ。

 


ゴミ男共「お、イケメンブロガーだ!イケメンと友達になりてえ!抱いて。」

 

ですから。

 

 


まあ男女垣根なくモテるんですよ。鬼イケメンなわけですから。イケメンは辛いね。

 

 

 

 

 


え?じゃあ証拠を見せろって?

 

 

 

 

師走の忙しい時期ですね。厳しい寒さにも見舞われますが、みなさん風邪には気をつけて下さい。では。

カジノ法案可決が話題、せっかくなのでラスベガスで攻略法を実践してみる

こんにちは伊藤カイジです。

 

 

 

カジノ法案が成立したらしいですね。ギャンブル依存症患者を増加させるなどと批判されていましたが、成立したようです。私の意見としては、外貨が入ってくるということで、経済にはいい影響が出るのではないでしょうか。よくわかんねえけど。(鼻くそを食べながら)

 

せっかくなんでカジノで遊んでみる 

ところで私は今、旅行でラスベガスにいます。

前回も言いましたがラスベガスに来たらやっぱりカジノなわけですよ。

カジノ法案が通ったこともあり興味が沸いたので、日本にカジノができる前に遊んでみようと思いました。

 

 

 

はい。

3日間で合計100ドル程負けました。

 

 

 

まああれです、夢を買っているわけですよ、一攫千金が当たるかもしれないというね。つまり同じく夢を見られる夢の国、ディズニーランドに行っていることと変わらないじゃないですかあ?。

 

ディズニーランドで3日間過ごしたと考えたら100ドルなんて安くないですか?(ドブネズミみたいな顔で)

 

 

ということで今日もディズニーランドに来たというメンタルで100ドルを出金し、カジノに挑みました。もう捨てる覚悟で。

 どんなけディズニーランド好きやねんワシ、みたいなテンションで。

 

 

 

それでは本題に入りましょうか。

せっかく捨てる覚悟で挑むということで、ある実験をしてみました。

 

 

カジノ攻略法を実践すると本当に勝てるのか

ただ単に何も考えず楽しめるのはカジノの良いところですが、やっぱり考えて勝ちたいじゃないですか。ということで必勝法ググることに。

 

 

で、カジノのゲームって実力が問われるものが少ないんですよ。ルーレットとかスロットとかBJ(ややルールの理解が必要)とか、ほぼ運と確率なんです。ポーカーなんかは駆け引きがあるので実力がもろに出ますが。あれは初心者が手を出していいものではないでしょう。

 

 

しかし実力よりも運ということは、馬鹿でもいつかは絶対当たるということです。

 

 

そこで、どういった工夫をすればいいかというとお金の賭け方が重要になってくるんです。この賭け方を工夫する攻略法をシステムベットといいます。かっちょいいですね。抱かれたい。

 

 

で、今回採用したのはココモ法という賭け方です。

 

 

ココモ法とは

一言でいうと、負けるたびに賭け金を大きくしていくという方法。この賭け方は3分の1の確率でおよそ賭け金が3倍になるゲーム(ルーレットなど)で有利に働きます。

 

手順は以下の通り。

 

1、最初の賭け金を設定する(できるだけ小さめに、1ドル~5ドルを目安に)

2、最初の賭け金と同じ額を賭ける

3、負けた場合、前回賭けた金額とそのもう一つ前の金額を足して賭ける

4、負けた場合3と同じ方法で再度賭ける。勝った場合賭け金をリセットして2から再開

 

という方法です。

 

ココモ法を実践してみた

今回はルーレットで実践してみます。(ハウスエッジの関係上、あまりプレイヤーには有利なゲームではないですが、今回は手軽さもありルーレットをプレーします。)

実際に100ドルを握りしめルーレットの台に向かいます。

 

f:id:toospicychicken:20161217105426j:image 

これが100ドル札。いったい誰なんでしょう。

(ちなみにカジノでの写真撮影は、個人のプライバシーの都合上禁止されているので写真はお札だけ。)

 

 

今回、ルーレットのミニマムベットが3ドルだったので、1ドルではなく3ドルから開始。合計10回行います。

 

次に倍率ですが、毎回、当たると3倍になる賭け方をします。

(1-12・13-24・25-36という賭け方があります。当たると賭け金が3倍になって帰ってきます。おいしいですね。)

 

1回目・・・3ドル→負け

2回目・・・8ドル→負け

(なぜかとち狂って間違えてますが資金の関係上、気にせず続行。本来は6ドルです。すみません笑)

3回目・・・11ドル(3+8)→負け

4回目・・・19ドル(8+11)→負け

5回目・・・30ドル(11+19)→勝ち(リセット)

6回目・・・3ドル→勝ち

7回目・・・3ドル→勝ち

8回目・・・3ドル→負け

9回目・・・6ドル→負け

10回目・・・9ドル→負け

 

 

結果は・・・

100ドルが113ドルになりました。利益は13ドルです。

勝利数が3回なので、およそ3分の1という確率はあってますね。

 

 

結果が出るのが、一回のゲームで大体一分です。

 

10回=約10分で13ドルの稼ぎということで、時給換算すると78ドルですね。私のバイト代が大体1時間で9ドルくらいだったので約9倍ですか。うはうはですねえ。(本田圭佑風に)

 

まあカジノにしては13ドルってしょぼいですが、資金がもっとあれば最初に賭ける3ドルを5ドル、10ドルに上げることも可能。また、負けるほどリターンが大きくなるので、やはり手元の資金が多ければ有利です。

 

 

で、実際依存性はあんの?

もう本人の意志の強さによるとしか言えないと思う。

 

使える 資金の上限を最初に決めて、如何にそれを守るかだね。そもそもカジノはお金持ちの遊びであり、貧乏人が一発逆転狙うように出来てないと思います。あくまでちょっと高いアミューズメントということで、「稼ぐぞーうひひひひ!」という姿勢で挑むべきではないでしょう。雰囲気や流れ、戦略やラッキーを楽しむべきです。

 

そういう考えを持っていればまぁ依存は抑えることができると思います。個人の見解ですが。

 

 

あ、すでにパチンカスの人たちは知らないですよ。私はパチンコやらないので。うっさいし煙たいし。

 

 

え?お前はただのチ●カスだって? ええ、そうですよ、私はただのチ●カスです。どうぞよろしく。

 

 

まとめ

今回は戦略的にカジノをプレーしてみたわけですが、結果ローリスクローリターンになりました。ちなみにこの後も、100ドルを溶かす勢いで続けていたら、まさかの15連敗で案の定溶かしてしまいました。

 

まあまたディズニーランドに行ったと考えて自分を落ち着けておきます。くそがっ。

 

  

 

次はマカオで挽回します。(ギャンブル依存症の目)

スカイプ面接。

まあ私は18卒の就活生なわけで、インターンシップとか新卒採用の面接をしているんですよね、ここ最近。

 

 

今は海外にいるってんで、企業の方に融通を聞かせていただき、スカイプ面接たるものを受けていてるんです。受けさせていただいてるんです。そりゃあもう土下座して機会をいただいてるわけです。

 

 

で、このスカイプ面接っていうのが厄介でして、現在3回ほど行ったんですが全部爆死ですわ。溺死したい。琵琶湖で。

 

 

 

なぜ爆死しているのかって原因を、ない脳みそ100回転くらいさせて考えたわけですよ。

 

 

 

で、行きついた結果が「対面じゃないからお互いに壁ができて緊張する」っていうなんか曖昧な結論になりました。

 

 ・・・

 

 

 

なんじゃそりゃ。(非論理的な意見に対して蔑んだ目で)

 

 

 

 

そもそも人と話す時って相手の目を見るわけじゃないですか。

 

しかしね、スカイプ面接で相手の目を見たら、相手側のモニターから見ると少し視線が下になっているんですよ。

 

 

つまり相手と目を合わせるには、ウェブカメラ目線じゃないといけない。

 

 

「なんでワシはカメラ目線で自己PRしてるんや、、、。」となるわけですよ。人肌を感じないと言うかなんというか。情に訴えかけることができないんですよ。

 

 

あと、顔しか画面に入らない。頑張っても肩までしか画面に入らないってんで、ボディーランゲージが使えないんです。面接で躍動感出せないんですよ。これも不利な点。

 

 

 

そこでね、私ってあれじゃないですか、情熱だけは人一倍あるじゃないですか。(松岡修造風に)

 

 

そんな私にとってスカイプ面接とは、自分の武器を生かせないフィールドで戦ってるってことなんですよ。

  

 

(ここで小一時間「自分の武器を生かせない状況」について上手い例えを考えるも出てこずギブアップ)

 

 

 

そんなこんなでスカイプ面接は苦手です。

 

 

しかし、スカイプ面接を採用するといった、新しいものを取り入れていく姿勢を持つ企業さんには大変興味がありますね。

 

 

みなさんも就活頑張りましょう。